美容外科でまぶたへのヒアルロン酸注射をする

HOME > まぶたへの注射

まぶたへヒアルロン酸注射をする

まぶた

上まぶたには薄い筋肉と脂肪組織、薄い膜などがあり、脂肪が減ると凹みができてしまいます。 年を重ねると目を開く力が弱くなってしまうのですが、そうすると眉毛を強く持ち上げるようになるため、まぶたの上のほうの厚い脂肪が額に向かって引き上げられてしまい、目の上が凹みやすくなっています。

まぶたの開きが悪い時には目力をアップさせる手術を受けるという方法があります。

しかし、凹みは気になるけれど手術は受けたくないという場合、美容外科ヒアルロン酸注射を受けると良いでしょう。 美容外科でヒアルロン酸注射を受けることにより、目の上の陥没を埋めることができます。 短時間で完了する手術なのですが、高い技術が必要となるため、美容外科選びには注意しましょう。

ちなみに、浅い層に注入した場合、しこりができてしまうことがあります。 また、深い部分に注入しても陥没に対しては効果がありませんし、目を傷つけてしまう心配があります。

目の上の陥没は脂肪が痩せてしまったことが原因であり、その部分に正しくヒアルロン酸を注入することが大切です。 注入されたヒアルロン酸は少しずつ吸収されていくのですが、足りなくなった時に追加で注入をすると良いでしょう。