美容外科のヒアルロン酸注射で目元のしわを改善

HOME > 目元のしわを改善

目元のしわをヒアルロン酸注射で改善する

洗顔

30代を過ぎると、目の下のしわが深くなって目立つようになります。

目の下のしわに有効なのが、美容外科のヒアルロン酸注射です。 今の悩みを解消するだけではなく、5年、10年先までのアンチエイジング効果が期待できます。

ヒアルロン酸はムコ多糖類が主成分で、水分保持力に優れています。 人間の体内にもともとある物質で、皮膚や関節に多く存在しています。

ヒアルロン酸注射は皮下に簡単に注入できるように開発されているので、美容外科で気軽にプチ整形する方法として用いられています。 ヒアルロン酸をしわの真下に注入することで、ヒアルロン酸が溝を持ち上げて凹みを消してくれます。

失敗のリスクはかなり低くなっていますが、医師の腕によってはミミズ腫れや異物感といった厄介なトラブルが生じることがあるので注意が必要です。

ミミズ腫れは1・2年では吸収されないケースも多いからです。皮下で浅い層はもともと血流が少ないため、ヒアルロン酸が吸収されるまでに長い時間がかかってしまうからです。 分解注射を使うという手もありますが、これでも改善が難しいこともあります。 軽度の内出血や腫れならば、数日で改善するので気にしなくて大丈夫です。

なるべく腕の良い医師がいる美容外科を選ぶようにしましょう。